サービス事例

廃棄物削減
超臨界CO2によるエアフィルタ再生サービス

工場では、VOC(揮発性有機化合物)を除去するエアフィルタや吸着材が多量に使用され、寿命になると廃棄されています。ダイダンサービス関西は持続可能な循環型社会を推進するため、超臨界CO2を用いたエアフィルタ再生事業を行っています。

超臨界CO2再生技術により、繰り返しエアフィルタを再利用できるため、廃棄物の削減効果が高く、SDGsへの貢献やESG投資への対応を推進している企業から高く評価されています。

超臨界CO2: 臨界点以上の温度・圧力状態の二酸化炭素であり、気体の拡散性と液体の溶解性を併せ持つ流体